女郎うなぎ

本日もあかさんとお出かけ(笑)
昨日は100kmに満たなかったので本日は少し足を延ばそうと小川町へ。
ルートは荒川CRの太郎右衛門橋を川島方面に折れ、適当な道をいつもながら
当てずっぽうで(笑)
川島町の農産物直売所で一服。
e0026777_17411778.jpg

ここで食べた揚げ団子が美味しかった。あ、写真撮る前に一つかじっちゃいました(笑)
e0026777_1742203.jpg

結局R254に沿って進み唐子を抜けて嵐山方面へ。
小川町は車で東秩父へ出向く際よく通るルート。
チャリで行くのは初めてである。目的は「女郎うなぎ」。
いつも看板が目に付き、気になっていたがまだ訪れたことが無かった。
予定より早く道の駅おがわに到着。まだ昼飯には早いので仙元山に登ってみることにする。
e0026777_17444673.jpg

見上げればなかなかの急勾配。しょっぱなからダンシングでグイグイっと・・・
たちまち力尽き、中腹でギブアップ。へたれ込んでいる横をサクッとMTBの面々が
通り過ぎる。むむむ・・
気を取り直し再度ペダルを踏みなんとか頂上へ。
e0026777_17475427.jpg

下りはあっという間・・・急勾配のタイトコーナーを楽しむ間もなく下山。
いざ、女郎うなぎへ。
e0026777_17495993.jpg

宿場町の旅籠という風情。中に入ると・・
e0026777_17553119.jpg

生簀にはうなぎがにょろにょろと・・
e0026777_17561070.jpg

e0026777_17562620.jpg

通されたのは2階にある個室。まさに旅籠。
e0026777_17582280.jpg

待つこと20分。やってきました女郎うなぎ特重。
e0026777_1803130.jpg

大き目の重箱は飯の下にも蒲焼が潜んでいて、美味かった。
お値段を考えるとあんまりお勧めではないかな?まぁ話のネタにはいいかも。
女郎うなぎの由来とは、昔々、この福助の主人善兵衛さんの友人が吉原から
連れ帰った花魁を自分では面倒を見切れず善兵衛さんに託し、彼女は恩に報いるべく
花魁の生家に伝わる蒲焼の秘法極意を教えたのだそうです。
花魁が伝えたから「女郎うなぎ」なんですってさ。
さて、帰路はR254をずっと上って東松山、吉見と進み荒川CRに流入。
あかさんとは上江橋でお別れしてちんたらと走っていると
BLOGを見てくれている蕨のすみれ色のコルナゴさんに声をかけられる。
いや~なんか照れますなぁ(笑)
コルナゴさんはシロクマに行かれたそうです。いつかまたご一緒しましょう。
15:20本日も無事帰宅。
走行距離:107.2km 2月計628km  年間累計946km 消費カロリー 1157kcal
摂取カロリー不明(笑)
どうやら心拍計の誤動作が直りました。ってセンサーのあてがい方が悪かったようです。
正しい測定だと消費カロリーなんてこんなもんみたいです。
[PR]
by motty110 | 2006-02-19 17:54 | 自転車
<< なんとまぁ・・ レベル4 >>