茂木ロードレース参戦!

4月9日(日) ツインリンク茂木で行われたシマノ茂木ロードレースに参戦した。
種目は2時間エンデューロレース(2人)相棒は俊足kaoさん。
もう一組はあかさん、赤いワニガメさんのペア。
さらに荒川組みからはハセキョンさんが弟さんご夫婦とエンデューロ(3人)にエントリーだ。
e0026777_18194766.jpg






朝8:00に常磐自動車道守谷SAで待ち合わせたが7:30には2組とも到着。
早々に茂木を目差す。北関東自動車道友部ICで高速を降りて、300kmブルベの
コースであった噂のビーフラインを辿ってみた。かなりアップダウンの続く道で
勾配も軒並み10%台。いや~こりゃ辛そうだ。
30分ほどでツインリンク茂木に到着。パドックに近い駐車場は既に満車。
少し上の駐車場に陣取る。
kaoさんのエスティマと私のレガシィが本日のトランポ
e0026777_211494.jpg


先ずはサーキットの様子を見に中央エントランスへ。
初めて見るツインリンク茂木はなかなか広大だ。
e0026777_21225100.jpg

地下通路を潜ってインフィールドにあるパドックへ。ここでは各社が展示即売会を開いている。
photo by あかさん
e0026777_21244068.jpg

お、インタマのブースには
今中大介氏や片山右京氏が居る。お買い得だったシリコンのサドルバッグや
小物を買いあさる。ワニガメさんは今中氏の本を購入し、サインを貰うことに。
ちょうど今中氏が他のイベントで外してしまいのちほどサインをするというので
店員さんに預けてきたが、もしかするとあの店員さんが代筆したかも(爆)
買い物も一段落していよいよ受付に。
ゼッケンや計測センサーなどを貰い、早速準備に取り掛かる。
組みあがった自転車にゼッケンプレートを付けるとレーサーらしくなってカッコいい!
e0026777_214442.jpg

おまけに2チームで揃えたAC/DCジャージに着替えるとこれもそれなりに?
カッコよろしいのです。すっかりやる気になってきた(笑)
e0026777_2153391.jpg

昼食を摂ってからパドックに向かいペダルを踏むが不思議と緊張は無い。
まぁ我々は、はなから好成績は考えていないからなぁ。
インフィールドには立派な表彰台もあり、先ずは記念撮影。
photo by あかさん
e0026777_21535173.jpg

この頃になるとエンデューロ出走者がウォームアップし始める。
そこでハセキョンさんと遭遇。
スタート時間も近くなり待機所(ピット)に移動。我がチームのスタートは
Aチームkaoさん、Bチームはあかさん、はせどんずもハセキョンさんがスタートを担う。
スタートラインに整列したライダーの最前列には今中氏が真ん中で存在感を醸し出す。

14:00ジャスト、一斉にスタート。我がチームは「そこそこガンバル」のポジションで
集団の中ほどを通過。
e0026777_218357.jpg

2周目で早くも落車があったらしいが相棒のkaoさんは
いいペースで周回している。
e0026777_2185421.jpg

1周2.4kmのオーバルコースを3周してkaoさんがピットイン。
photo by ワニガメさん
e0026777_21111988.jpg

e0026777_21121986.jpg


さぁ、いよいよ私の出番。計測バンドをリレーしていざスタート。
ピットロードがけっこう長い。1コーナー手前でコースインして速い集団を見つけトレインに乗る。
2コーナーを周ると追い風のバックストレッチ。
45~50kmで巡航。10台ほどのトレインは遅い走者をどんどん追い越して
気持ちがいい。コース上には速度が明らかに違う上に、コース取りもばらばらな
走者が散在しているので、これををかわすため、トレインは左右に蛇行する。
あまり接近しすぎると接触しそうだ。
3コーナーを周り込むと強烈な向かい風になる。ここでトレインから千切れるととても
辛くなるので必死に追走。メインスタンド付近でkaoさん、あかさんの顔が見える。
photo by あかさん
e0026777_21365974.jpg

エンデューロだからもっとゆったりしたペースで走るのかと思ったが
ほぼ全力走行。一度だけトレインの2番手にいて先頭を譲られたが辛かった。
ガクンとペースダウンしたトレインは数分で先頭交代(汗)
再び1コーナー、2コーナー、バックストレッチを駆け抜け
3週したところでピットインしてkaoさんにバトンタッチ。
photo by あかさん
e0026777_21125859.jpg

ピットインしたとたんにめちゃくちゃに喉が渇く。とてもボトル一本では足りそうも無い。
ピットには飲み物をもっと備えなければだめだと学習。
kaoさんはなかなかいいペースの集団に入り激走。
e0026777_2114759.jpg

25周目のバックストレッチを快速トレインの中ほどで走っていたらいきなり「ザザザザー」と
異音が発生。走りながらチェックするも原因不明。走行には支障なさそうだが嫌な感じ。
同じトレインの連中も横目で見ている。やむなくトレインをはなれ、エスケープゾーンで
停止。チェックしていると後からハセキョンさんが心配して停止してくれた。
タイヤやホイールに異常は無く、はて?どうしたことか。あ、ありましたありました。
後輪のブレーキアーチにチケットの半券のような紙片が挟まってタイヤが擦過音を立てて
いたのだ。さっさと取り去ってコースに復帰。
ハセキョンさんのアドバイスで後ろから来る速いトレインに繋がって行くことにする。
長いトレインを伺っているとハセキョンさんが入れとプッシュ(笑)
思い切って列の中団にもぐりこみ遅れを取り戻す。この周回は停止してしまい脚が
残っていたのでもう一周このトレインで周ってからピットイン。
kaoさんに交代するが、終了15分前。kaoさんが私に華を持たせてくれるため1週で
ピットイン。 そう、終了5分前になると交代できなくなるのだ。
さぁ、アンカーの大役を仰せつかり気合を入れてコースイン。
photo by ワニガメさん
e0026777_21153731.jpg

コースインするも速いトレインが見つからず一人旅となったが、先方に一人いいペースの
走者を発見しダンシングで加速して追いつく。
この人に付いてしばらく走るといつの間にかトレインは4台になっていた。
さらに後から来た速い15台ほどのトレインに乗り換え、3コーナー、4コーナーを周り
ホームストレッチへ入ると強風で列が横にばらける。なんとかもがいて列の先行集団に
紛れ込む。バックストレッチを通過した頃、時計を見るとあと僅かでで16:00だ。
恐らくこれが最後の周回。4コーナー中ほどで、併走していたいかにもスプリンターという
体格のライダーが「これ最終周?」と聞いてくる。
「多分そうだと思うよ」と答えたとたん、彼はダンシングして4コーナーを立ち上がっていく。
私も最後の力を振り絞ってホームストレッチを全力走行。
ゴール前で斜行してきたバイクを間一髪かわしてゴールラインを越えた。
photo by あかさん
e0026777_2116390.jpg

いやー気持ちいい!すばらしい満足感と感動。
1コーナー手前からピットロードに戻るが、あちらこちらでチームメイトと握手やハイタッチ。
中には抱擁しあうチームもある。
我がチームもkaoさんとがっちり握手。あかさん、ワニガメさんとも笑顔でハイタッチを交わす。
そしてハセキョンさんとも健闘を称えあう。私を案じて止まってくれた彼のスポーツマンシップ
に惚れました。抱擁すればよかったかな?(爆)
いやー楽しい!これははまる! みんな同じ気持ちで再戦を誓ったのであった。
e0026777_21164643.jpg

一方ロードコースでは向かい風の中、最高速チャレンジが始まった。
速い人は50km/hを超えて疾走している。いやーすごい。

パドックを後にして駐車場に戻るが、上り坂が向かい風と相まって無茶苦茶辛い。
ぜいぜいいいながら帰り支度を始める。帰りに温泉に浸かっていこうと走り回ったが
すでに閉館だったので諦め、食事に立ち寄る。以前、那珂川でダウンリバーをした帰りに
立ち寄った食堂が美味かったので皆を案内する。ここはボリューム満点で満腹です。
e0026777_21244594.jpg

帰路の常磐道も順調で20:30にはワニガメさんを無事送り届け、15分後には
私も無事帰宅いたしました。
いやー、何度も書いちゃいますが、これは楽しいです。
ぜひ次回は皆様も一緒に参加しましょう!

公式リザルトが出ました。
   
   2時間エンデューロ(2人)は98組の出走で結果は30周で48位とほぼ真ん中。
   まぁ、初戦にしては上出来っす!(笑) 
[PR]
by motty110 | 2006-04-09 22:25 | 自転車
<< 軽量化 花見&決戦準備 >>