台風を睨みながら

家族旅行から無事帰宅した。
当初予定では25日から蔵王に出かけるつもりでいたが、台風11号がどうやら
本州に上陸しそうな気配だったので、急遽蔵王をキャンセルして、出発も一日早め、
目的地を群馬県は新治村猿ヶ京温泉に変更した。
ただ温泉に浸かりに行くだけではつまらないので、新潟県湯沢町のトレッキングコースに
嫌がる家族をかまわず連れ出す。結果的には正解で関越トンネル手前群馬側は小雨模様
であったが、トンネルを抜けるとそこは・・・と川端康成ではないがドピカン晴れであった。
e0026777_15322784.jpg

このトレッキングコースは八木沢から清津川沿いに登るコースだがブナ林が見事で
私のお気に入りのコース。以前カヤック仲間とカヤックのついでにトレッキングをした
ことがある。
e0026777_1533199.jpg

普段あまり歩かない女房たちをだましだまし、途中で湧き水を飲ませたり
ブナの明るい森がいかに素敵かを説明しながら歩を進める。
e0026777_1534567.jpg

e0026777_15345964.jpg

途中で道端に山かがしが出現したりして楽しいトレッキングとなった。たぶん・・私は(笑)
かみさんや子供たちもヤンマを捕まえたりして楽しんでいた様子だ。
e0026777_15353253.jpg

e0026777_15355150.jpg

下山して今度はGARA湯沢のロープウエイに乗ろうとしたが、あいにく
21日で今シーズンの営業は終わっていた。やむなく石打をまわり清津峡へ。
ナビにも出ていないような細い道をひた進みようやく到着。清津峡渓谷のトンネルに
入坑してしばし見学。まぁなんていうことも無いが・・・

e0026777_15365543.jpg

e0026777_15371618.jpg

そのままR17を南下して苗場、法師と過ぎ、猿ヶ京温泉へ。今日の宿は数寄屋造りの
純和風旅籠である。なかなか風情のある宿で気に入った。泊り客も少なく、
露天風呂にのんびりと浸かれて満足。
e0026777_15374994.jpg

e0026777_1538842.jpg

翌日は朝から小雨模様。すぐそばの赤谷湖に立ち寄ったり、匠の里なるところで、
七宝焼きの体験をしたりなかなか楽しい。七宝焼きって簡単に楽しめるのを始めて知った。
チャリにオリジナルエンブレムでも作ってみるか。
農産物の直売所で新鮮な野菜がびっくりするほど安いのでしこたま買い込んで
帰路に着く。帰りの関越は高崎あたりからかなりの降雨量で視界が悪く恐ろしい。
ところどころに水溜りが出来、タイヤにものすごい抵抗を受ける。結局この雨は
自宅に帰り着いても降り続いているが、台風の影響なのであろう。
何はともあれ無事帰宅してほっとした。
さて、明日の天気はどうだろう・・チャリは無理だろうな。
[PR]
# by motty110 | 2005-08-25 15:38 | 雑記

墓参

夏休み二日目
今日は珍しく午後から北風が吹くというので荒川上流部に出撃。
朝8:00荒川CR羽根倉橋からエントリー。風は西からの微風。
目的地は東松山駅付近の浄福寺。我が家のお墓だ。盆に行ったばかりだが、
親父の月命日でもあるので線香でもあげて来よう。
さすがに平日、荒川CRも静かなもの。今日あたりはすっかり秋の空だ。
e0026777_2323432.jpg

e0026777_23234094.jpg

上野村から帰宅後、タイヤをRedstorm23Cに換え、ペダルもSPD-SLに
戻した。ブレーキシューも新品のDURAで良く効く。
バックミラーも外したのだが、なくなると極めて不安。
見てくれは良くないが安全装備として必要だ。再装着することにする。

まずは本田飛行場にて小休止。
e0026777_23203786.jpg

次は桜堤
e0026777_23213410.jpg

桜堤から県道で東松山に向かい、10kmほどで浄福寺に到着。
e0026777_23223436.jpg

我が家から37kmと手ごろな距離だ。こりゃ毎月チャリで墓参かな。
墓石を洗い、線香を手向けて帰路に着く。
帰りは天気予報どおりの追い風に乗って快適に巡航。

走行距離72.72km 走行時間3:03:52 平均速度23.1km/h
[PR]
# by motty110 | 2005-08-23 23:24 | 自転車

ブレーキ強化

すっかり峠の下りに魅せられたのだが、ややブレーキに不満が出た。
平坦路では気にならなかった制動力だが、下りとなれば別。
そこでブレーキシューをDURA-ACE BR-7800用に交換。
外した古いシューはまだ1000km少々だが残2/3ってとこ。
下りで酷使したせいと、雨中走行が響いて表面がすっかり硬化している。

ついでに通販から届いていたIRC REDSTORMにタイヤもチェンジ。
コンパウンドがやわらかく、米糠セラミックなるものがざらつくのが分かる。
ハイグリップ低転がり抵抗がうたい文句のこのタイヤ、チームアンカーでも
使用されているそうだ。さて、雨が降らぬうちにテストランに出かけよう。
e0026777_7241950.jpg

[PR]
# by motty110 | 2005-08-23 07:25 | 自転車

上野村ツーリングレポート

8月20日(土)6:50 待ち合わせの場所にはモリリさんが見送りにきてくれていた。
しかし、約束の7:00になっても相棒のあかさんが現れない。普段は早めに登場するだけに
心配だ。そうこうするうちに橋を下ってあかさん登場。モリリさんに見送られていよいよ
上野村へ向けて出発。
e0026777_1703634.jpg
e0026777_1704949.jpg

荒川CRから入間CRと走り、途中の釘無橋を渡り高坂を抜けるルート。
で、あったが何故か右手には見慣れた荒川土手が・・・すっかり遠回りしながらも
東松山市は上唐子あたりの都幾川で一服。
e0026777_171143.jpg

玉川村を抜け小川町を目指して走る。右手にはあかさんたちが以前訪れた「アライ」が
見える。やがて小川町の駅前を経て東秩父に入る。いよいよ定峰峠に挑戦だ。
私にとって初めての峠越えだ。以前あかさんと中津川林道を登ったことがあるものの、
9kmほどで挫折した思い出がある。上り口で水を浴びていざ!
フロント34T、リア27Tにシフトしてひたすらクランクをまわす。登りはきついが次の
フラットまでなんとか・・と気力をつなぎながらなんとか完走。ここからは秩父市まで
続く下りのワインディング。
漕がずともスピードはぐんぐん上がり、60km/hに達する。新設したバックミラーで
後方を確認し、アウトよりにラインをとってコーナー入り口でブレーキング。
尻をずらして後方荷重だ。外足を踏ん張りながらクリップに向けて切り込むと
面白いようにスパッと曲がってくれる。なかなか快感!
バイクや車ならスローインファストアウが原則だが、チャリはあまり速度を落とすと
もたもたしたコーナーリングになる。リズミカルな切り返しが気持ちいい。あっという間に
楽しい下りは終わり下界のモワッとした暖気が体を包み込む。秩父駅前の蕎麦屋の
鴨汁蕎麦でエネルギー補給。人間の体は正直なものですっかり体が軽くなる。
e0026777_18212745.jpg

R299をひたすら西進するが、車が多く走りづらい。おまけに気温も上昇して暑い。
途中のコンビニで水道を拝借して水を浴びてなんとかしのぐ。
それにしてもR299はだらだらと登りが続く辛い道だ。
幅員が狭くなり志賀坂峠の表示が現れると、さらに登りがきつくなる。
ここまで既に100kmをこえている。体力はもつのか。
志賀坂トンネルまで11km、8km、4kmと看板を励みに上り続けたが、見上げた
坂道が延々と続くのを見たとたん、もろくも気力は萎え、その場にへたり込む。
あかさんが見えないと思ったら彼も途中で足がつってしまったそうだ。
気力を振り絞って進むがあと2kmというところで勾配がきつくなり再びダウン。
手押しで上るもこれもまたきつい。あかさんに励まされながらペダルを踏み
なんとか志賀坂トンネルに上り詰めた。その場でへたり込みしばらくは
動くことが出来ないほどの疲労感だ。近年こんなに疲れたことはない。
ここからは全て下りというあかさんの言葉に安心し、ようやく腰を上げて走り出す。
志賀坂トンネルを抜け中里村へ駆け下りる。途中から路面がウエットになったと思ったら
大粒の雨が落ちてきて、おまけに雷まで鳴り始めた。運良く近くの廃屋?に逃げ込み
雨をやり過ごすことが出来た。20分ほどして再スタート。なぜかR299は上り坂。
あかさんにテレパシーで「あとは全部下りって言ったじゃないか!」と送っておく(笑)
この辺りは道路もよく整備されていて車も飛ばすので危ない。
途中、何台かのサイクルツーリストとすれ違い、手を振ってくれる。荷物をトレーラーで
引っ張っている人もいる。あれって楽なのかな?

ようやく雑誌に出ていた「ビラせせらぎ」の手前を左折して上野村にはいる。
本日の宿である「すりばち荘」まであと2kmの看板。しかし行く手には激坂・・・
またしても手押し。とほほ・・あと少しなのに。
なんとか再乗車してすりばち荘に到着。正に精も根も尽き果てた。
e0026777_18231672.jpg

早速温泉に浸かりお互いの健闘を称えあう(笑)
風呂上りのビールの美味かったこと。夕食は山奥らしく猪豚鍋と鮎の塩焼き。その他
天麩羅やら盛りだくさんだったがあまりに疲労したせいか食欲がいまいち。
しかし、明日のためにしっかり食べる。
e0026777_18234850.jpg

話し好きの宿の主人が色々な話を聞かせてくれる。それこそ政治から航空機、
はてはUFOまで(笑)
食事をしながらも足がつり苦しい。それを見かねた主人が温泉の源泉に浸かれば治ると
いうので、再度入浴。この源泉は海水?らしく水風呂だが不思議と浸かることが出来る。
飲むと元気になるといわれたが、塩味に加え甘みもあり微妙なお味。
部屋に戻りTVを見ているうちに二人とも夢の中に・・・
翌朝5:30に目が覚め、辺りを散策してみる。せせらぎと鳥の声しか聞こえない
本当に静かなところだ。
e0026777_1824149.jpg

朝食もしっかり食べて、主人の話もしっかり聞かされ出発。今日は塩ノ沢峠を抜けて
下仁田に出る。下仁田からは初めての輪行だ。
相変わらずR299はだらだら登りだが、宿の主人に教わった旧道に折れる。
村落の中を通る木々が生い茂り眼下には川が流れる涼しげな道を快適に走る。
しばらく行くと旧黒澤家屋敷跡に出くわし、やがて再びR299に合流。
e0026777_18251538.jpg

すぐに今度は塩ノ沢峠へ分岐して坂道が始まる。結構きついがまだ今日は体力がある。
ゼイゼイいいながら塩ノ沢トンネル入り口に到着。ここから下仁田まではずっと下りだ。
e0026777_18244310.jpg

このトンネルは約3kmほどの長さだが、センターにポールが立つ対面片側1車線通行なので
後ろから車に抜かれるのは恐怖だ。幸い車通りも少ないので一気に抜けるため飛ばす。
ゆるい下り坂なので、ちょっと漕げば50km/hは出る。バックミラーをちらちら
見ながらグングン飛ばす。出口まであと数百メーターというところで背後にヘッドライトと
爆音が近づく。覚悟を決めて路肩に寄るが路面が荒れていて恐ろしい。やがて
すぐ真後ろに気配を感じ身をすくめるようにしていると、猛スピードでバイクの集団が
抜いていった。バカヤロウ!怖いじゃないか(汗)
トンネルを抜けるとかなりの勾配で下るワインディング。嬉々として駆け下っていくと
パトカーが路肩に停車して警官が「気をつけて」と声をかけてくる。
あとで赤さんに聞いたら昨日あそこでチャリが事故って亡くなったらしい。
そんなことは露知らずワインディングをぶっ飛んでいた。
そのまま順調に進み10:30下仁田駅到着。輪行の支度と着替えを終えて
11:12発高崎行きにビールと弁当を持って乗り込む。
e0026777_1826829.jpg

高崎まではきっちり1時間かかる。この上信電鉄はサイクルトレインと称して
輪行袋に入れずともチャリを運べる列車も日に何本か運行しているそうだ。
e0026777_18263060.jpg

高崎からJR高崎線に乗り換え大宮駅14:00少し前に到着。ちゃっちゃと
チャリを組み上げていると、民主党の管直人が街頭演説をしている。
パナマ帽がお似合いだが、いつぞやのお遍路でみせた編み笠のほうがいいかな?

日差しと南風が強い中をそれぞれ自宅を目指して解散する。
あかさん、楽しい旅のパートナー、どうもありがとうございました。
また、どこかに出かけましょうね。

全走行距離177km 走行時間9:32:11 平均時速18.5km/h
[PR]
# by motty110 | 2005-08-22 18:26 | 自転車

無事帰宅

上野村から無事帰宅。いや~面白かった。
それにしても上野村までチャリで行くなんて凄いよな>自分
今回はロードバイクでの下りの面白さに開眼。
あんな細いタイヤだけれど外足を踏ん張るとしっかりグリップして
コーナーを回る快感はオートバイや車とはまた違う。
峠の上りはヒイコラだけど、下りは楽しい。
ツーリングレポートは追々。
[PR]
# by motty110 | 2005-08-21 19:33 | 自転車

補給食

さぁ、明日はいよいよ上野村へロングツーリングだ。
チャリも装備も準備万端。補給食はアミノバイタルゼリーと黒糖。
さて、明日も暑そうだから気合入れて行ってきま~す!
e0026777_22103768.jpg

[PR]
# by motty110 | 2005-08-19 22:10 | 自転車

ロングツーリングバージョン

一応ロングツーリングバージョンが完成。
タイヤはVittoria Rubino Pro Tech 25C、スプロケは12-27T
ペダルはSPDのA520
少し大きめのサドルバッグにはメンテ装備満載。
トップチューブにはTriBag これには携帯電話と、補給食を入れる。
帰路に使う輪行バッグはハンドルバーに固定。空気抵抗に不利かな。
これにドイタースーパーバイクを背負っていざ!

e0026777_2031095.jpg

[PR]
# by motty110 | 2005-08-18 20:32 | 自転車

TriBag

トップチューブ上に取り付ける小物入れであるB・・・BOXなるものを購入しようと
ショップを物色していたが、どうにも商品の作りと価格に納得ができず見送っていた。
そこで目に付いたのがTOPEAK社のTriBag。コンセプトはまるで一緒だが、
つくりは断然良い。アウターはコーデュラナイロンでメッシュの蓋と、B・・・BOXと変わらないが
生地自体に汚れ防止のテフロン加工がされておりクォリティが高い。
内部には薄手のクッション材がインサートされた裏地があり、振動や衝撃対策が
施されている。
さらに、アウターのサイドにレインカバーが仕込まれていて、メッシュの蓋ごと本体を半分ほど
カバーする。 携帯電話などを入れておくにはありがたい。
価格設定も比較対象より2割ほど安く買い得感があった。
この手の小物はさすが心得ているTOPEAKだ
e0026777_2104571.jpg
e0026777_211192.jpg

[PR]
# by motty110 | 2005-08-17 21:02 | 自転車

25Cに盲点

ロングツーリングに備えてタイヤを25Cに替えた。
通販でオーダーしたIRCのレッドストームはメーカーが盆休みで間に合わず、
本日渋谷の某Y系ショップでVITTORIA RUBINO PRO TECHを購入。
帰宅後即組み替えてみたら・・・
しっかりした安定感のあるフォルムは想定どおりながら、ブレーキアーチをオープンに
してもタイヤが引っかかり脱着に問題あり。パンクしてなら外すのに不便は無いが
エア充填後はブレーキアーチに引っかかる。ワイヤーをフリーにしてからホイールを
入れなければならないみたいだ。こりゃ輪行時に面倒だがしょうがない。

e0026777_23211423.jpg

[PR]
# by motty110 | 2005-08-16 23:21 | 自転車

ツーリング仕様インプレッション

昨日の足慣らしはA520ペダルとMTBシューズで出かけ、歩行のしやすさに満足。
キャッチもリリースもSPD-SLよりスムーズ。ゴム底ゆえ、クリートを噛む際にも滑らず安全。

バックミラーはなかなか有効。意外にも一般道よりサイクリングロードで役に立つ。
速いローディーが接近したときなど発見しやすい。

帰宅後サドルバッグをMTBで使っていた中型のものに付け替えた。
こいつには、携帯ポンプ(C02コンパチ)、ボンベ2本、予備チューブ、パンクリペアキット、
ツールセット、タイヤレバー、ヘッドライト、エアゲージ、チェーンキー、タイラップ等が収まる。

輪行バッグはハンドルバーに固定。
e0026777_20233853.jpg

これで背負わなければならないのは着替えとカメラくらい。これなら何とかなるだろう。
[PR]
# by motty110 | 2005-08-15 12:32 | 自転車